Twitterへ自動投稿も出来る「Tweetable」WordPress Plugin

WordPressで記事を更新すると、自動的にTwitterへ投稿してくれるWordpess用プラグインを入れてみました。

少し設定するのに時間が掛かりますが、一度設定すると大変便利なプラグインです。

管理画面「プラグイン」→「新規追加」→「Tweetable」を検索、インストールし有効にする。

管理画面 左サイドバーに「Tweet」の項目が出来るので、クリック。

ステップ1

ステップ1にある「Register Application」をクリック。

アプリケーション登録画面1

・アプリケーション名:ブログの名前を入れます。

アプリケーション登録画面2

アプリケーションの種類:ブラウザ
標準のアクセスタイプ:Read&Write
Twitterでログインする:はい、Twitterをログインします
コールバックURL:ステップ1にある No.5のURLをコピーして貼り付けます。

次の画面に移ります

Consumer keyとConsrumer secretをコピーしてステップ2へ貼り付けます。

ステップ3

Twitterのユーザーネームを入れます

ステップ4

Twitterとの連動を許可する

ステップ5で完了です

管理画面 Twitterの Settingで表示・投稿設定

Twitter User Level :ワードプレスからTweet出来る人の権限設定
URL Shorter :URLを短くするサービスの選択
Tweetmeme Button:各記事画面にTweetボタンを設置できます
Auto-Tweet Posts:チェックすると記事更新時に自動でTweetします
Auto-Tweet Posts Prefix:ブログを更新した際にTweetの頭に付ける言葉 例 「サイト更新:」
Campaign Tracking:GoogleAnalyticsCampaignタグへ自動的に送信されるらしいです。
Remove Stylesheet:Tweetableのスタイルシートを使いたくない場合はチェックをいれる

これで、記事更新時に自動Tweet、管理画面からのTweet、記事にTweetボタンの設置が出来ます。

参考サイト
[wordpress]Twitter連携用プラグインTweetableが便利すぎる! | Ryuzee.com

著者プロフィール

渡辺つよし
仕事:東京の会社でウェブ集客のお仕事をメインにしています。
・オンラインスクール構築サポート
・動画社内教育システム構築
・ウェブマーケッター
・WordPressサイト構築
・FileMakerで顧客管理システム構築
・LINEを使った集客コンサルティング、構築
・海外へ向けたウェブ広告
住んだことのある国:マレーシア、上海
行きたい国:行ったことのない国ならどこでもOK、マニラ語学留学予定
最近買ったもの:MacBook Pro 13インチ2018、LUMIX G8、OSMO POCKET

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください