ネットビジネスを自動化して時間をコントロールする方法

MacBookProのtouch barからSiriを葬り去る方法

Mac

MacBookProに搭載されているTouch Barですが、みなさんは活用されているでしょうか?
今回は、使いにくいというか、使っていないTouch Barをカスタマイズして、使いやすいTouch Barにしてしまう方法をお伝えします。
カスタマイズは、1分で出来るので、この記事を読みながら実行してしまいましょう。

Touch Barをカスタマイズする方法

Touch IDを使うときに、Siriの呼び出しボタンを触ってしまうこと。少しイラッとしてしまう瞬間です。なので、まずはSiriの呼び出しボタンを削除します!

1.Findeのアイコンを押して、表示から「Touch Barをカスタマイズ…」を選択します。

MacBookProタッチバーをカスタマイズ

2. Touch Bar カスタマイズ画面でSiriを削除

この画面ではTouchBarの左側だけカスタマイズ可能なので、TouchBarのSiriボタンをおして切り替える

削除する方法は、カスタマイズ画面が表示されたら、Siriのボタンをタップすると、標準のカスタマイズ画面から、Siriが表示されているカスタマイズ画面に切り替わります。

切り替わったら、カーソルを画面右下まで移動させて、TouchBarの方向に移動させてゆらゆら揺れているSiriのアイコンをドラッグして、メインの画面のドロップすると削除されます。

3. Touch Bar の使い方向上させる

このボタンが表示されたら、TouchBarのSiriをドラッグしてメイン画面にドラッグして削除

Siriを削除したところに、Macロックボタンのアイコンと、スクリーンショットのアイコンを設置しておきました。席を外したときに、ロックが素早くできようになり、スクリーンショットもボタン一つで出来るようになるので、よく使う人はオススメです。

他にも機能アイコンがありますので、よく使う機能を設定してみてくださいね。