タグ別アーカイブ: コピー

新情報!Macで書式無しコピペを超簡単に実現するアプリ

書式なしでコピペ
Macでコピーをすると、テキストでだけでなく、書式までコピーまでしてくれます。
きっと便利な機能なのですが、ウェブサイトの文章をメールにコピペするときなど、ウェブサイトの書式で貼り付けられて、非常に読みににくい。今までにも対応策はいくつかありますが、ちょっと面倒でした。

今までの対応策

・一旦テキストエディタに貼付け、書式のない状態で、再度コピペ。
「二回コピペするので面倒だ。」
・「command」+「option」+「shift」+「v」で、貼付け
「押すボタンが多すぎ!」
・FormatMatchアプリを使って書式を削除
「古くてAppStoreに存在しないよ」

これが新しい対応策のアプリ「Get Plain Text」。しかも無料です。

Mac App Storeで、「Get Plain Text」ダウンロードしてインストールします。

Yosemiteにも対応しているようです。

メニューから自動消去にチェックを入れると、常に書式を削除してくれます。
オフにしておくと、手動で書式削除が必要になります。
自動で書式を削除

実際にウェブサイトの情報をメールに貼り付けて比べてみました。
上が、Mac標準のコピペ、下が、「Get Plain Text」を使ったコピペです。
自動で書式を削除してくれました

書式のコピペで、ひと手間かかっていた人は是非お試し下さい!

記事の評価

同じカテゴリーの記事

CentOS sshでフォルダまるごとコピーするtips

fileimage001

同じサーバーに、WordPressを複数インストールして
ブログやサイトをを運営する場合に
初めにWordpressで作成したデータを
まるごと一瞬で複製する方法です。

FTPソフトを使って、ローカルからアップロードするよりも、
sshでサーバー入って、コマンドを使うと
フォルダの相対関係はもちろん、
所有者もそのままで、
あっという間に同じ物が出来上がります。

コピーが出来上がったあとは、
少しのカスタマイズで新しいサイトの
基礎が出来上がります。

フォルダまるごとコピーコマンド

cp -rp コピー元 コピー先

「-p」所有者がそのままでコピーされます。

フォルダ削除のコマンド

フォルダの削除(確認なしで削除)

rm -rf フォルダ名

フォルダの削除(フォルダ毎に確認がある削除)

rm -r フォルダ名

参照元
Linuxの基本コマンド

記事の評価

同じカテゴリーの記事