sendmailのキャッチオールCatchallとは

[2010/06/02] [EC CUBE]

今回はEC CUBEの問題ではなく、VPSサーバーの設定についてです。

メールのアドレスが間違えているのにも関わらず宛先不明ですメール(MAILER-DAEMON)が届かないことが発覚しました。

宛先不明メールが届かないと、送信者は正しく送信完了したつもりになる可能性があるため、設定を変更する必要がありました。

それでネットで調べたものの、原因が今ひとつわからなかったため、上手く検索出来ず、VPSを借りているとこへ相談し回答を頂きました。

回答内容は、キャッチオールCatchallの設定を確認してくださいとのことでした。

管理画面へログインし確認したところ、キャッチオールの設定が「ドメイン管理者に送信」になっており、ドメイン管理者へ転送かかっていたようでした。

「メール拒否 – 不明なあて先として返信」へ変更すると、宛先不明メールが届くようになりました。

ラピッドサイトVPSプラン確認方法

管理画面へログイン
「ドメイン管理」→「ドメイン一覧」→「該当ドメイン名のプロパティ」→「メール Catchall:メール拒否 - 不明なあて先として返信」

キャッチオールCatchallの機能

存在しないメールアドレス(〜@example.comの〜部分が登録ない場合)を特定のメールへ送信や、削除するなどを設定してすることが可能です。

記事の評価

同じカテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です