新MacBookに搭載されたUSB-Cとはどんな規格?

[2015/03/10] [Apple, Mac]

2015年3月10日に新MacBook12インチの発表がありました!
新MAcBook

今回発表のメインだったApple Watchより
新MacBookのほうが、
即買したいぐらいの魅力的な商品です。

発売日は、一ヶ月先の4月10日です。
カラーバリエーションも、
iPhone6と同様に従来のシルバーに加えて
ゴールド、スペースグレイが仲間入りしました。
新MacBookゴールド

魅力的な新機能として、
トラックパッド、Retina、軽量化、キーボートなどありますが、
この辺りは実機を触ってからにして、
気になったUSB タイプCについて調べてみました。

新MacBookでは、
充電器をつなぐポートをUSB-C(USB タイプC、USB Type-C)を採用しています。
USB-Cの規格採用

USB-Cとはどんな規格なんでしょうか?

Apple公式サイトでは、
「従来のUSBポートの3分の1のサイズ」
「USB3高速データ転送」
「ビデオ出力が行える」
と記載がありました。

Appleは、USB-Cについてかなり力をいれており、
規格策定に参加している企業の中では、
2番目に多い人数がメンバーに入っていたようです。

USB-Cはどのくらい小さいの?

サイズは、幅8.4mm×高2.6mmで、最小の部類と言えます。

USB-CとUSBとの互換性はある?

USB 3.0、USB 2.0と下位互換性がありますが、
アダプターが必要になります。

USB-Cでビデオ出力が出来るの?

アダブターを使うことで、
HDMI、VGA出力が可能です。

USB-Cは、表と裏が関係なく指すことが出来ます。

ポートにケーブルを挿しこむときに
表裏が逆!ってことありますよね。
そんな小さなイライラが無くなります。

USB-Cの転送速度は、どのくらい早いのか?

USB3.1規格に基づいた Type-Cの場合は、
USB2.0の約20倍の転送速度で、
最大10Gbps(理論値)となります。

実際には、環境にも左右されますので、
理論値通りには行きませんが、
ストレスなく大きなファイルを転送できそうです。

USB-Cのポートを複数の目的で使うときにはどうするの?

USB-Cのポートが一つだと充電するとポートが全て埋まってしまいます。
充電しているとポートに、他に何も接続出来なくなります。
外で持ち歩くときは、充電しながら作業は少ないので問題ないですが、
家で使うときは、充電しながら外部モニタを使って
デュアル画面にして作業をする方もいてますよね。

そんな方には、一つのUSBを複数に分けるアダブタの購入が必要です。
今のところアップル純正品がそれに対応した商品を発売するようです。

3月10日現在は購入できませんが、
新MacBookの予約開始時には同時購入が
出来るようになりそうです。
Apple Storeには、2つのタイプの対応商品がありました。

USB-C Digital AV Multiportアダプタ

税別価格で、9,500円です。
USB-C、USB 3.1 Gen 1、HDMIの3つのポートが搭載されています。
USB-C_Digital_AV_Multiportアダプタ2
USB-C_Digital_AV_Multiportアダプタ

USB-C VGA Multiportアダプタ

税別価格で、9,500円です。
USB-C、USB 3.1 Gen 1、VGAの3つのポートが搭載されています。
USB-C_VGA_Multiportアダプタ

純正品なので高価ですが、
今回の発表を受けて他のメーカーも関連商品を
発売するのでもう少し安く購入できるように
なるかもしれませんね。

すぐにでも欲しい商品ですが、
最近Mac Book Proを使い始めたばかりなので、
しばらくはAppleStoreで眺めるぐらいになりそうです_| ̄|○

iPhone6の発表では、
目立った新機能も少なく、
デザインも今ひとつ惹かれるものもなかったため、
それ以降Appleの商品に
だんだんと興味が無くなっていました。

新MacBookの発表は、
デザインや新機能も
以前のAppleらしい感じがして、
久しぶりに物欲が出てきました。
実機を触るのが楽しみです。

参照サイト

記事の評価

同じカテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です