ネットを使って無料で出来るTOEIC対策1ヶ月半で200点アップする方法

[2015/02/08] [ENGLISH, iPhone, WEBSERVICE]

5年ぶりにTOEICを受けることにしました。
しかも、一ヶ月半後のため時間がない!という中で、
最低限の点数を目指して勉強する方法を紹介します。

今回は、事情により最低600点以上の点数を
取得して英語能力を人に提示する必要が出てきました。

最低600点ではありますが、
出来れば730点を目指したいと考えています。
いや730点目指します!

ちなみに、
5年前は、多分500点ちょっとぐらいだったような。。。
とても人には言えないような結果でした。

勉強期間が一ヶ月半のため、
効率よく得点を確実に上げるためには、
TOEIC対策に特化した勉強が必要になります。

さっそくGoogle先生に聞いてみると、
さすが人気のTOEIC対策!かなりの数の
検索結果が表示されますね。

情報が多すぎると、勉強そっちのけで、
勉強方法を調べることが目的になってしまいそうです。
色々対策があるものです。

勉強方法を間違ってしまうと後戻りする時間がないため
慎重に勉強方法を選びました。

短期間で得点アップを目指すための勉強方法

・TOEICについて教えることのプロに、教えてもらう
・最低限にTOEICに必要な語彙力を身につける
・本番の形に近い問題集を何回も解く

ネットには、何でも揃っていますね。

1. TOEICプロの動画授業を受講する

見つけた学習サイトは、
かなり有名らしい「schoo web-campus」です。
IT系のプログラムの授業や、デザイン、プレゼン、語学まで
かなり質の高い授業が多くどれも見たくなりますが、
今回はTOEIC対策を絞ります。

その中で、
驚くほど条件にぴったりの授業がありました。
しかも、無料で全講義公開中。

TOEIC学習のプロが教える、3カ月で600点を目指す超特訓:事前準備編_渡邉_淳_先生_-_無料動

タイトルは、
TOEIC学習のプロが教える、3カ月で600点を目指す超特訓(全12回

すでに、過去12回分の講義が完了しており、
録画を見ることが出来ます。

サイト自体もかなり作り込まれていて、
授業を受けている人のコメントがタイムライン上に流れていて、
ウェブ授業なのに不思議と活気を感じますね。

活気があると、授業の楽しく続けることが出来る。
非常にモチベーションを保ちやすい仕組みです。

実際にこういった対策をしたことがなかったですが、
テストの各パートごとの対策方法の説明があり、
時間配分の意識など細かいところまで、
惜しみなく情報が詰まっています。

授業は一回一時間とウェブ授業にしては長いのですが、
飽きずに最後まで興味深く受けることが出来ました。

結局楽しくて、
全12回を1週間程度で完了し、
授業のなかで紹介があった書籍を
繰り返し自分のものにしていくような勉強方法を
現在継続中です。

2. 実際のテストに沿った問題集を最低3回は解く

授業で使っている問題集は「TOEICテスト超リアル模試600問(CD-ROM付)」です。
実際のテストに近い模試のため、非常に問題を解く時間の感覚を得ることも出来ますし、
答えに至る解説が一問一問丁寧に説明されていますね。
これを何度も解くことで、TOEICの出題形式にかなり慣れることが出来そうです。

3. 単語を面白く覚えることが出来る単語帳で語彙力アップ

単語帳はかなり有名らしい「新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ」です。
驚いたのは、単語帳が面白いってあるんですね。
TOEICあるあるネタが入っていて、クスっとしながら覚えることが出来ます。
それに薄くて軽いのでいつでも携帯して外にも持っていけます。

「TOEICの世界では、病院の受付からの電話はアポの変更である、、、、」
「TOEICの世界では、社内抽選会の景品が、ロシアンバレエのチケットなどマニアック」など

勉強してて飽きない単語帳は初めてかもしれません。

4. さらに最新のIT単語帳で電車でこっそり勉強

友達とクイズで競える学習アプリ_zuknow(ズノウ)

移動時間に勉強したい人向けには、
zuknowというiPhoneやAndroid単語帳アプリがお勧めです。
Schooの紹介した講義の無料単語帳もありますが、
有料では、金のフレーズの単語帳もありましたよ。

5. まとめるとこんな感じで1ヶ月半勉強します(宣言!)

schooで、講習を聞く

各パートを解いてみる

次のパートの講習を聞く

それと同時に単語帳を進めていく。

問題集、単語帳ともに最低3周する必要はありそうです。
問題集をして自分が弱いところは、そのPartだけの対策問題集を
購入しても良いと思います。

私は、リーディングセクションPart5が弱かったので、
Part5用に文法問題集「1駅1題 新TOEIC TEST文法特急
」を追加しました。

今回は一ヶ月半という短い時間しかありませんが、
もう少し時間に余裕があるかたにも、
使える勉強方法ですが、
TOEIC学習方法は、他にも良い方法はたくさんあります。
集中し続けることが出来る自分自身あった方法が一番です。

今回の場合は、私のこれだ!を紹介いたしました。
では、あと一ヶ月程度、集中して200点アップ目指します!

記事の評価

同じカテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です