月別アーカイブ: 2011年9月

Contact Form 7 予約日をカレンダーから選択できるプラグイン

WordPress 人気プラグイン Contact Form 7を使って
お問合せフォームを作っていますが、
今回は予約受付フォームを作成することになりました。
予約フォームの場合は、日付指定の入力項目が必要になります。

ディフォルトの機能では、日付入力が以下のとおりになります。
1. テキストフィールドで希望の日時を入力してもらう 例:2011年9月21日
 ×:フォーマットが一定でなく、入力間違いしやすい
2. 力技で、全ての年月日をセレクトで選んでもらう。
 ×:表示される無駄な年月日が多く選択しにくい

予約日を受け付けるために欲しい機能としては、
・本日から未来の日付から選択する
 ◎:これで入力時の日時間違いが少なくなります
・カレンダーから希望日を選択して入力
 ◎:曜日の間違いも少なくなります

そこで、Contact Form 7用の追加プラグインが開発されていましたので紹介します。
WordPress › Contact Form 7 Datepicker « WordPress Plugins
relu/contact-form-7-datepicker – GitHub
jQueryのdatepickerをContact Form 7用プラグインにしたものです。

WordPress管理画面でカレンダーの色、日付のフォーマットなどの設定も可能です。
また、日時の選択範囲も指定可能です。
予約の場合は、本日から未来のみ選択といった設定が可能です。

管理画面行なった設定
・選択出来る日を本日から未来に設定しました『Today and future』
・日時のフォーマットを『2011年09月21日』と表示されるようにしました『%Y年%m月%d日』

あとは、カレンダーが英語表示なので、
分かりやすく日本語へ変更する予定です。

日本語化、日付指定範囲のカスタマイズの参照サイト
jQuery UI の Datepicker のカレンダーによる日付範囲指定フォーム

プラグインを探す時に参照したサイト
firegoby » Blog Archive » ContactForm7にGoogle Ajax APIを使って日付入力用カレンダー

記事の評価

同じカテゴリーの記事

docomo Xi クロッシィ割引でMacBookAirを購入しました

先日は、クロッシィ割引でiPadの買い替え方法を紹介しましたが、
同じ割引を使ってMacBookAirを購入しました。

MacBookAir13

購入方法は、【「iPadをiPad2へ」ほぼ無料で買い替えする方法 】を参照ください。

今まではデスクトップのiMacを使用していましたが、
海外転勤が仮決定したため、持ち運びに便利なノートタイプへの買い替えを考えていました。

11インチと13インチで迷いましたが、
常に持ち歩かないのと、作業時間が長いため、
画面の大きさ、バッテリーの駆動時間を考慮して13インチを購入しました。

デザインを含めほとんど欠点がないMacBookAirですが、フラッシュメモリ128GBではやっぱり容量が少ないです。ワンランク上のMacBookAir13インチは、256GBですが、約3万円の価格差があります。まだまだ、フラッシュメモリの価格は高いですね。

iMacからは、移行アシスタントを使ってMacBookAirへ簡単に移動出来ると思っていたのですが、iMac to MacBookAirへの直接移行は途中でレインボーカーソルが回り始めて進まなくなったため、タイムカプセルのバックアップデータからアプリなどのデータを移行することになりました。
写真データや音楽データは、MacBookAirの容量が小さいため、外付けHDDで管理することにしました。

一日かかって、なんとか移行が完了したので、
次は、iMacのデータを初期化し、オークションに出品します。

記事の評価

同じカテゴリーの記事

「iPadをiPad2へ」ほぼ無料で買い替えする方法

iPad2が発売されてもiPadを使い続けていたのですが、
ほぼ無料で買い替えが出来ることが分かったため、急遽iPad2バージョンアップしました。

iPadとiPad2との大きな違いは、
・半分くらいの薄さになり、重さも80g程度軽くなった
・カメラが付いた
・表示性能があがり、滑らかにサイト閲覧が可能になった
などなどです。

私が変更したかった大きな理由は、
本体が薄く軽くなったことと、カメラが付いたことでFacetime、Skypeビデオが使えるようになったことです。

本題のほぼ無料でバージョンアップ方法ですが、
iPad2を購入するときに docomo Xi(クロッシィ)を2年契約し、4万円引きのキャンペーンに同時申込します。
手元のiPadをオークションで売るとほぼ差額分ぐらいになります。
以下に概算を書いておきますので参考になればと思います。

注意点としては、
・Xiのデータ通信を使用しない。
・Xiのプロバイダ契約を解除する必要があります。
・Xiの事務手数料 無料は2011年9月末まで
・データプラン2年以内に解約すると、解約金がかかります。2年後の契約更新月に解約した場合のみ無料で解約可能です。
・iPadの場合は、Xi同時契約値引きは、ルータタイプ(L-09C)のみ対象(iPadにはUSB入力端子が無いため)
・値引き額は、販売店により異なります。ちなみに大阪のケーズデンキは下記の条件でした。
・オークションでの落札価格は、商品の状態、出品時期により異なります。

======================
iPad2 16G Wi-Fi 購入時の金額
======================
iPad 2  44,800円
docomo Xi値引き 40,000円
—————————————
支払い金額 4,800円

======================
docomo Xi 2年分支払料金
Xiデータプランにねん
======================
docomo XI 最低月額1,000円
eビリング値引き -100円
—————————————
900円/月×24ヶ月 = 21,600円

======================
本体・Xi 総支払い合計
======================
iPad2本体 4,800円
Xi2年分 21,600円
—————————————
総支払い合計 26,400円

======================
iPad 16G Wi-Fi オークション落札相場
======================
iPad 20,000~27,000円
—————————————

オークション出品などの多少の手間がかかりますが、
かなりお買い得だと思います。

Xiの契約内容、値引き条件など店舗により異なる場合はあるようなので、自己責任でお願いします。

参考サイト
ドコモのXi(クロッシィ)割引でMacBook Air 2011モデルを買ってきた | TOPICK(トピック)
話題のXi(クロッシィ)のPC本体割でMacBookAirを買ったよ! | カッシーのWEBる。

記事の評価

同じカテゴリーの記事

WordCamp KOBE 2011に参加しました

関西では、ネットに関する大きなイベントが行われることが少なく寂しい思いをすることが多いのですが、
ついにWordPressのイベント「WordCamp KOBE 2011」が神戸で行われるということで参加してきました。

神戸と言っても、神戸の中心地三宮から約30分と山の中にある神戸芸術工科大学で行われました。
いくつかの大学が集まる閑静な場所にあり、駅から綺麗な街並みを数分歩くとすぐに到着しました。


おしゃれなカフェのような構内です。

時間ギリギリの到着で、
ちょうどマクラケン直子さんの講演が始まるところでした。
講演を聴いていても、WordPressに対する真摯な気持ちが伝わってきました。

ちなみに私が拝聴したスケジュールは、以下の通りです。
12:30 – 12:50 マクラケン直子さん(WordPress の最新事情)
13:00 – 13:20 菱川拓郎さん(光速テーマ開発のコツ)
13:30 – 13:50 スマートスタイル様(MySQLのパフォーマンスチューニング~ストレージエンジンとクエリキャッシュ~)
14:00 – 14:20 増永玲さん(これからの PHP の話をしよう)
14:30 – 14:50 インターネットイニシアティブ様(クラウドとWordPressの組わせが生み出す価値~エンタープライズでの活用事例をご紹介します~)
15:00 – 15:20 をかもとさん(WordPress ハイパフォーマンスチューニング)
15:30 – 15:50 岩瀬高博さん( WordPressを快適に!キャッシュ用途としてのキーバリューストア)

今日の講義では、知識がまったく無い分野の講義を選択してみました。

普段は一人で作業していることが多いため、
自分一人の発想をヒントに調べて解決することしか出来ませんが、
今回の機会を生かして、発想するヒントを得ることが出来ました。
また、このようなイベントがあれば、ぜひ参加したいです。

スタッフの皆様お疲れ様でした。

インターネットイニシアティブさんのイベントブースでは、
WordPressのキャラクターが入ったマグカップを貰いました。

記事の評価

同じカテゴリーの記事

MacOS Lion ゴミ箱に入れようとするとパスワードを求められる

ある日突然、いらないファイルをゴミ箱へ入れると、管理者パスワードが求められるようになりました。
最初は気にせずに使っていたのですが、削除するたびにパスワードの入力が必要なのでさすがに面倒になりました。
再起動してもやはり治らなかったため、調べるとあまり例がないらしくメモとして残しておきます。

症状
ファイル削除時に、パスワードを求められる。
ゴミ箱には入らず直ぐに削除される。

原因
ゴミ箱(.Trash)の権限がユーザーではなく rootに変わっていたため。

対処方法
アプリケーション>ユーティリティー>ターミナルを起動します。

ターミナルが起動したら、下記コマンドで権限の確認。

【コマンド】

ls -lad $HOME/.Trash

【結果(XXXはユーザー名が入ります)】

drwx------ 6 root  staff  204  9  3 07:43 /Users/XXX/.Trash

権限がユーザーでは無く root になっています。

通常はユーザー名なっているため、rootを変更します
sudoでrootコマンドを使用出来るようにして、権限の変更します。

【コマンド(XXXはユーザー名を入れてください)】

sudo chown XXX $HOME/.Trash

【権限変更の確認】

ls -lad $HOME/.Trash

【結果】

drwx------  7 XXX  staff  238  9  3 07:56 /Users/XXX/.Trash

XXX部分がユーザー名に変更されていれば、OKです。

【ログアウトして終了】

exit

※ターミナルはMacOS内部の権限など変更することが出来るため、使用方法にはご注意ください。
※自己責任でお願いします。

参考サイト
ゴミ箱に入れると直ちに削除される: Apple サポートコミュニティ

記事の評価

同じカテゴリーの記事