月別アーカイブ: 2011年6月

WordPress プラグイン PC・iPhone・iPad・Androidでテーマを切り替える

スマートフォン(iPhone、Andorid)、タブレットタイプ(iPad)が急速に普及し、
ネットを閲覧する環境が大幅に広がりました。

WordPressのテーマ1つだけを使って各デバイスの特徴を活かすのが難しくなってきました。
そこで、デバイス毎に異なったテーマを選択出来るプラグインを探してみました。

最初にみつかったのは、「iPhone theme switcher」です。
これは、PC用の通常分と、iPhoneでテーマを切り替えることが出来ます。

iPadにも対応したサイトを作成中のため、これは却下。
さらに検索すると見つかりました。
WP Plugin – Mobile Theme Switcher

各デバイス向けのテーマ選択が可能です。
iPhone/iPod用テーマの選択
iPad用テーマの選択
Android用テーマの選択

管理画面から新規プラグイン「Mobile theme switcher」で検索します。
2つ有りますが、2番目のプラグインを選択します。

WordPressバージョンによっては、注意が出ますので、自己責任でインストールお願いします。
画面右の「いますぐインストール」をクリックし、インストール完了後プラグインを有効にします。

管理画面サイドバー 設定に「Mobile theme switcher」が表れますので、
クリックし設定画面へ行きます。

設定画面で、各デバイスで使いたいテーマを選択出来るようになります。

これで、PC用の見え方を気にすること無く、
iPad、iPhone用テーマは、jQuery Mobileをグイグイ使えるようにカスタマイズしてみたいと思います。

記事の評価

同じカテゴリーの記事

MAMPにWordPressをインストールする方法

MAMPにWordPressをインストールします。

WordPressのインストールは、簡単に出来るようになっています。
手順は、データベースを作成してから、WordPress本体をダウンロードインストールをします。

phpMyAdminを使ってデータベースの作成

MAMPの操作画面で「スタートベージを開く」をクリックします。

スタートページがブラウザに表れます。
MySQLデータベースの管理が出来る「phpMyAdmin」をクリックします。

phpMyAdminの管理画面になります。
情報を入力し、「作成」をクリックします。
データベース名を入力
【例】
データベース名「wp_db」(任意の名前を付けてください)
MySQL接続の照合順序「utf8-general_ci」
言語「日本語-Japanese」

「作成」を押した後には、「このデータベースにはテーブルがありません」と表示されますが、WordPressインストール時に自動的にテーブルが作成されます。データベース設定はこれでOKです。

WordPressをインストール

WordPress日本語サイトより本体をダウンロードします。
WordPress | 日本語
ワードプレスサイト

ダブルクリックで解凍します。

出来上がった「wordpress」の中身を「htdocs」へ移動させます。
この場合のURLは「http://localhost/」もしくは「http://192.168.*.*(MAMPの入っているMacのIP)」になります。
【例】
htdocsの直下にexampleフォルダを作り、WordPressをインストールした場合
保存場所 htdocs/example/
アドレス http://localhost/example/ もしくは 「http://192.168.*.*/example/」


ブラウザへアドレスを入力しアクセスします。

「設定ファイルを作成する」をクリックして進みます。
「次に進みましょう!」をクリックして進みます。

phpMyadminで作成したデータベース名、MAMPスタート画面に表示される情報を入力します。
次の画面でインストールをクリックしすると、データベースにテーブルの作成準備が完了です。

「ようこそ」の画面が出れば、サイト名称、管理者のユーザー名、パスワード、メールアドレスを入力し「WordPressをインストール」をクリックします。
※ユーザー名、パスワードはログイン時必要ですので、忘れないようにしましょう。
データベース上にテーブルの作成、WordPress基本設定が完了しました。

「成功しました!」が出れば正常に設定完了です。

「ログイン」を押すとログイン画面に行きますので
設定したユーザー名、パスワードを入力すれば管理画面に入ることが出来ます。
このページをブックマークしておくと、すぐに管理画面へアクセスしやすくなります。
※管理画面のURLは「設定したURL/wp-login.php」になります。

以上です。

記事の評価

同じカテゴリーの記事

スクリーンショットをプレビューで簡単編集

Mac上の操作方法を撮影(スクリーンショット)し、Mac純正アプリ「プレビュー」で注釈をつけたり、トリミングなどの編集方法です。
Windowsの場合はキーボードに「Print Screen」もしくは「PrtSc」のキーがありますが、Macにはありませんので紹介します。

Macで画面を撮影する方法

下記3つのボタンを同時に押します。
カシャっとカメラの音がして撮影されます。
撮影された画像はデスクトップ上に「スクリーンショット(****-**-**)」png形式で自動的に保存されます。
全画面のスクリーンショット:「コマンドキー」+「shift」+「3」

任意部分のスクリーンショット:「コマンドキー」+「shift」+「4」
押した後にカーソルがキャプチャー用に変わり
撮影したい起点でクリックを押したまま、任意の場所へ移動してから離します。で、カシャッと撮影完了です。
カーソルがキャプチャー用になった後に、「やっぱりスクリーンショットするのをやーめた」ってときは
キーボード左上の「esc」キーでキャンセル出来ます

3つのボタンを押すので、コツは
最初に親指「コマンドキー」と小指「shift」を押さえてから、
中指か人差し指を使って、「3」もしくは、「4」のキーを押すと良いです。

撮影した画像に注釈を付ける方法

Mac純正アプリケーション【プレビュー】を使います。
プレビューは画像編集やPDF変換、リーダーなどの機能があります

注釈を付けたい画像をプレビューで開きます。
画面上のツールバー「注釈」のアイコンを押すと、
画面したにバーが出てきます。

注釈を入れた後は保存すれば、出来上がりです。

撮影した画像のサイズ変更

画面上部のメニューから「ツール」→「サイズ調整」を選択してください。
任意のサイズを入力します。

おまけ

Macの超便利機能の紹介です。
ファイルを開いてから、探していた画像や書類と中身が違ったってことは良くありますね。

プリケーションを立ち上げて開く前に中身を確認することが出来ます。
ほとんどの画像ファイルや書類、動画の中身が見れます。
※書類の種類によっては確認出来ないものもあります。

確認したいファイルを選択して「スペース」キーを押すと中身がフワ~っと見れます。

記事の評価

同じカテゴリーの記事

MAMPを使って、Macをローカルサーバーにする方法

WordPressなどのCMS構築、EC CUBEなどのネットショップ構築時にローカル内で簡単に開発環境を作成する方法です。

開発環境としてだけでなく、
ローカル環境にお手軽サーバーをしてCMSを構築し、
社内での情報共有も可能です。

MacにMAMPをインストールすることにより、
Apache、MySQL、PHPなどがすぐに使用出来るようになります。

MAMPのサイトへアクセス
MAMP: Mac, Apache, MySQL, PHP

画面左のアイコンをクリックしダウンロード

解凍後に出来た「MAMP_MAMP_PRO_*****.dmg」をダブルクリック。
英語でライセンス規約に関する事項を確認し同意(Agree)します。

左下の【MAMP】フォルダを【Application】へDrag&Dropするとコピーが始まります。

アプリケーションフォルダ内にMAMPフォルダが出来上がっていますのでフォルダを開き、MAMPをダブルクリックで起動させます。

サーバー自動で起動し、状態のランプが赤から緑変わります。

起動が完了するとブラウザーの画面が立ち上がります。

ApacheとMySQLのポートを変更するため、環境設定をクリックします。

Apache 「8888」→「80」
MySQL 「8889」→「3306」
入力後設定をクリックします。

MAMPサーバーが再起動しますので、
ランプが赤から緑に変わったら「スタートページを開く」をクリックし状態を確認します。
これで設定は完了です。

実際に動いているかテストします。
【MAMP】内にある【htdocs】にデータを入れるとブラウザでアクセス可能です。
・EXAMPLE
 保存場所
 application/MAMP/htdocs/index.html
 ブラウザURL
 http://localhost/index.html

ローカル内にある別のデバイス(MAC、PC、iPad、IPhoneなど)からアクセスする場合は、
MAMPをインストールしているIPアドレスでアクセス可能です。
MAC本体のシステム環境設定「ネットワーク」をクリックしIPアドレスを確認します。


※画像は「192.168.0.6」ですが、環境により異なります。

確認したIPアドレスを入力すると、ローカル内にあるデバイスからアクセス可能です。
Windows上のブラウザで確認する場合や、iPad、iPhone用サイト作成時にも役立ちます。

【おまけ】
MAMPのウィジットを使用すると、
ウェジットから起動停止操作が可能になります。
【MAMP】フォルダにある【Mamp Control.wdgt】をMacユーザーのライブラリーに追加します。
追加する場所は、【ユーザー名/ライブラリ/Widgets】です。

近未来的なかっこいいウィジットです。
ウィジットは普段隠れているのでスッキリします。

参考元です。
とても丁寧な説明やセキュリティについても書かれています。
MAMPのインストール for Mac-独学!未経験からWebデザイナーになる!!

記事の評価

同じカテゴリーの記事

Youtubeで好きなアーティストを連続再生

iTunesで持っている曲を聞いたり、RadikoでFMを聞いたりと、パソコンで音楽の楽しみ方が増えていますね。

最近では、Youtubeでプレイリストを作成して音楽を流している人も思いますが、リストの作成が面倒に感じることも多いと思います。

そこで、もっとお手軽に連続再生出来るサイトの紹介です。

一つ目は
「君のラジオ」

MoonPlayerと同様に右上の検索窓にアーティスト名を入れると一覧がでてくるので、
検索結果を全て順に聞いたり、任意に選び出してリスト作成も可能です。
Twitter、Facebookとも連動出来ますので、
同じアーティストを好きな人が聞いている曲を知ることも出来ます。
君のラジオ

2つ目は
「ライフハッカー[日本版]」で紹介されていた「MoonPlayer」です。

アーティスト名を入れて検索するだけで、
簡単に連続再生してくれます。
関連するアーティストの曲の再生も含めることも出来るので、
新しい曲に出会えることも楽しめます。

「MoonPlayer」のサイトへ行き
右上にある検索窓にアーティスト名を入れるだけです。

お気に入りアーティストの曲の動画を延々とストリーム再生してくれる 「MoonPlayer」 : ライフハッカー[日本版]
MoonPlayer

どちらのサイトも手持ちの歌に飽きたときには、重宝しそうです。

記事の評価

同じカテゴリーの記事