月別アーカイブ: 2010年4月

Twitter アメリカンアニメ風アバターが作れるサイト

良くあるアバターには飽きちゃったという人にはアメリカンアニメ風のアバターはいかがでしょう。

Garfield(ガーフィールド)に出来てきそうな個性的なアバターの作成が可能です。

真ん中の「STRAT NOW」をクリックすると作成画面が表れます。

部品を選択するのみで簡単作成です。

結構細かく設定出来るので、一から作るのが大変な方は
真ん中のGarfield(猫)の下の「random」をクリックすると
自動的に顔が作られるのでそこから選ぶことも出来ます。
そのまま使えそうなのはほとんど無いですが(^_^;)

::Miniego:: アメリカンアニメ風アバター

記事の評価

同じカテゴリーの記事

Twitter アメリカンアニメ風アバターが作成できるサイト

ちょっと個性的なアバターを作りたい方は、一度チェックしてみて下さい。

アメリカのアニメに出てきそうなキャラクターが簡単に作成できます。

似てるアバターは作りにくいですが、楽しいアバターが出来ますよ。

MESS DUDES! かわいいアバター作成サイト

記事の評価

同じカテゴリーの記事

Twitter 漫画風アバターが作成できるサイト

漫画風のアバターが簡単につくれます。

トップページにアクセスして、イギリスの国旗をクリック

ナビゲーションバーのFACEYOUEMANGAをクリック

右下ピンクのCREATEをクリック

男性か女性かをクリック

髪型やアクセサリーなどを順番に選択

Finishをクリックし、あとはメールアドレスなどを登録するとアバターがメールで送られてきます。

大きな15cm×15cmのデータが欲しいときは、paypal支払いで購入も可能です。

参照サイト
FaceYourManga.com マンガ風アバターが作成出来るサイト

記事の評価

同じカテゴリーの記事

Twitter Mii風アバターが作れるサイト

Mii風のアバターが簡単に作成できるサイトの紹介です。

WiiでMiiを作った事があれば、操作方法もほとんど同じ感じなので、あっという間に作成出来ますよ。

デスクトップ用アプリのダウンロードも出来るようなので、

ネット環境が無くても作成可能なようです。

My Avatar Editor Mii風 アバター作成サイト

Mii風アバター作成サイト

参考サイト
ライフハッカー[日本版]
Mii風のアバターが作成できる『My Avatar Editor』

記事の評価

同じカテゴリーの記事

Twitter 植田まさし風似顔絵が作れるサイト

植田まさし風の似顔絵にしてみることが出来ます。

TwitterやSNSのアバターに使うことももちろん出来ます。

部品の組み合わせで自分だけのオリジナルキャラを簡単作成。

■裂斬ブログ■ 植田まさし風 似顔絵ジェネレーターVer2.0

記事の評価

同じカテゴリーの記事

Twitter サウスパーク風のアバターが作れるサイト

TwitterやSNSでは写真や似顔絵があると無いのでは、フォロー数やコメントにかなり影響してきます。
写真を載せるのはちょっとという方にはおすすめの似顔絵作成サイトです。
アニメのサウスパーク風の似顔絵があっという間に出来上がります。

英語ですが、髪型や目や輪郭をすきなものを選んでクリックするだけで出来上がります。

自分だけのオリジナルキャラを楽しめます。

SP-STUDIO サウスパーク風アバター作成サイト

記事の評価

同じカテゴリーの記事

EC CUBE 帳票(納品書)に入るロゴマークの変更方法

EC CUBEのバージョンにより変更方法が異なりますので、
お使いのバージョンに合わせてカスタマイズして下さい。

EC CUBE 2.4.3以降の場合

変更するファイル(EC CUBE 2.4.3以降)

/user_data/packages/default/img/header/logo.png
上記ファイルのイメージを変更すれば、すぐに新しいロゴが反映されます。

EC CUBE 2.4.2以前の場合

変更するファイル(EC CUBE 2.4.2以前)

/user_data/packages/default/img/header/logo.png
上記ファイルをショップのロゴへ変更します。

変更するファイル(EC CUBE 2.4.2以前)

ロゴのパスを変更
data/class/SC_Fpdf.php

元データ

        //ロゴ画像
        $logo_file = PDF_TEMPLATE_DIR . 'logo.png';
        $this->pdf->Image($logo_file, 124, 46, 40);

修正データ

        //ロゴ画像
        $logo_file = PDF_IMG_DIR . 'logo.png';
        $this->pdf->Image($logo_file, 124, 46, 40);

EC CUBE コミュ版2.3.3の場合

変更するファイル(EC CUBE コミュ版2.3.3)

/data/pdf/logo.png
上記ファイルをショップのロゴへ変更します。

参考サイト
月間三日坊主様 「EC-CUBE の帳票 右上ロゴが消えない ってゆーか差替えたい」

記事の評価

同じカテゴリーの記事

EC CUBE 配達伝票番号を受注画面に入力出来るようにするカスタマイズ

配送伝票番号作成の流れです。

1.受注管理画面に配送伝票番号入力欄の作成

2.入力した値のチェック追加

3.発送手配完了後に送信されるメールへ配送伝票番号の挿入

変更するファイル

/data/Smarty/templates/default/admin/order/edit.tpl
発送伝票番号入力欄を作成します。

元データ

                        <table width="678" border="0" cellspacing="1" cellpadding="8" summary=" ">
                            <tr class="fs12n">
                                <td bgcolor="#f2f1ec" width="110">対応状況</td>
                                <td bgcolor="#ffffff">
                                    <!--{assign var=key value="status"}-->
                                    <span class="red12"><!--{$arrErr[$key]}--></span>
                                    <select name="<!--{$key}-->" style="<!--{$arrErr[$key]|sfGetErrorColor}-->">
                                    <option value="">選択してください</option>
                                    <!--{html_options options=$arrORDERSTATUS selected=$arrForm[$key].value}-->
                                    </select><br />
                                    <!--{if $smarty.get.mode != 'add'}-->
                                    <span class="red12">※ <!--{$arrORDERSTATUS[$smarty.const.ORDER_CANCEL]}-->に変更時には、在庫数を手動で戻してください。</span>
                                    <!--{/if}-->
                                </td>
                            </tr>
                            <tr class="fs12n">
                                <td bgcolor="#f2f1ec" width="110">発送日</td>
                                <td bgcolor="#ffffff"><!--{$arrForm.commit_date.value|sfDispDBDate|default:"未発送"}--></td>
                            </tr>
                        </table>

修正データ

                        <table width="678" border="0" cellspacing="1" cellpadding="8" summary=" ">
                            <tr class="fs12n">
                                <td bgcolor="#f2f1ec" width="110">対応状況</td>
                                <td bgcolor="#ffffff">
                                    <!--{assign var=key value="status"}-->
                                    <span class="red12"><!--{$arrErr[$key]}--></span>
                                    <select name="<!--{$key}-->" style="<!--{$arrErr[$key]|sfGetErrorColor}-->">
                                    <option value="">選択してください</option>
                                    <!--{html_options options=$arrORDERSTATUS selected=$arrForm[$key].value}-->
                                    </select>
                                </td>
                            </tr>
                          <!--{if $tpl_mode != 'add'}-->
			<tr class="fs12n">
				<td bgcolor="#f2f1ec" width="110">配送伝票番号</td>
				<td bgcolor="#ffffff">
                                    <!--{assign var=key value="deliv_no"}-->
                                    <span class="red12"><!--{$arrErr[$key]}--></span><input type="text" name="<!--{$key}-->" value="<!--{$arrForm[$key].value|escape}-->" size="80" maxlength="<!--{$arrForm[$key].length}-->" style="<!--{$arrErr[$key]|sfGetErrorColor}-->" /></td>
				</tr>
                          <!--{/if}-->
                            <tr class="fs12n">
                                <td bgcolor="#f2f1ec" width="110">発送日</td>
                                <td bgcolor="#ffffff"><!--{$arrForm.commit_date.value|sfDispDBDate|default:"未発送"}--></td>
                            </tr>
                        </table>

変更するファイル

/data/class/pages/admin/order/LC_Page_Admin_Order_Edit.php
配送伝票番号のデータチェックを追加します。
伝票番号とちょっとしたコメントを書くことがあるため「KVa」に設定しています。
伝票番号しか入れない場合は「n」に設定して下さい。

元データ

        // お届け先情報
        $this->objFormParam->addParam("電話番号1", "deliv_tel01", TEL_ITEM_LEN, "n", array("EXIST_CHECK", "MAX_LENGTH_CHECK" ,"NUM_CHECK"));
        $this->objFormParam->addParam("電話番号2", "deliv_tel02", TEL_ITEM_LEN, "n", array("EXIST_CHECK", "MAX_LENGTH_CHECK" ,"NUM_CHECK"));
        $this->objFormParam->addParam("電話番号3", "deliv_tel03", TEL_ITEM_LEN, "n", array("EXIST_CHECK", "MAX_LENGTH_CHECK" ,"NUM_CHECK"));

修正データ

        $this->objFormParam->addParam("電話番号1", "deliv_tel01", TEL_ITEM_LEN, "n", array("EXIST_CHECK", "MAX_LENGTH_CHECK" ,"NUM_CHECK"));
        $this->objFormParam->addParam("電話番号2", "deliv_tel02", TEL_ITEM_LEN, "n", array("EXIST_CHECK", "MAX_LENGTH_CHECK" ,"NUM_CHECK"));
        $this->objFormParam->addParam("電話番号3", "deliv_tel03", TEL_ITEM_LEN, "n", array("EXIST_CHECK", "MAX_LENGTH_CHECK" ,"NUM_CHECK"));
	$this->objFormParam->addParam("配送伝票番号", "deliv_no", STEXT_LEN, "KVa", array("SPTAB_CHECK", "MAX_LENGTH_CHECK"));

変更するファイルの作成

配送手配完了後の送信メールへ自動的に配達伝票番号が挿入されるようにカスタマイズします。
出荷完了時のみ伝票番号を挿入するため、専用のメールテンプレートを作成します。

「order_mail.tpl」のファイルを複製して、任意のファイル名(例ではdeliverly_mail.tpl)に変更します。

変更するファイル

/data/Smarty/templates/default/mail_templates/deliverly_mail.tpl

元データ

<!--{$tpl_header}-->

******************************************************************
 配送情報とご請求金額
******************************************************************

修正データ

<!--{$tpl_header}-->

******************************************************************
 ヤマト宅急便番号
******************************************************************
お問い合わせ伝票番号
<!--{$arrOrder.deliv_no}-->

クロネコヤマトの荷物お問い合わせシステム
「 http://toi.kuronekoyamato.co.jp/cgi-bin/tneko 」

******************************************************************
 配送情報とご請求金額
******************************************************************

管理画面「システム設定」のマスタデータ管理

mtb_mail_templateで発送完了時に送るメールのIDを確認します。
例のイメージでは、ID:2とID:3(カスタマイズしてます。)

mtb_mail_tpl_pathで先程確認したIDのメールテンプレートを「order_mail.tpl」から「deliverly_mail.tpl」に変更します。

記事の評価

同じカテゴリーの記事

EC CUBE 新規受注入力画面で任意のメールアドレスをディフォルトにするカスタマイズ

そこで、電話注文用のメールアドレスを作成し、ディフォルトでメールアドレス欄に表示されるようにします。

電話受注完了後、受注管理画面上からメール「通知」処理をすることで、受注のメールが届きネット上で受注した処理手配することが出来ます。

変更するファイル

/data/Smarty/templates/default/admin/order/edit.tpl

元データ

                                <td bgcolor="#f2f1ec" width="110">メールアドレス</td>
                                <td bgcolor="#ffffff" width="248">
                                  <!--{assign var=key1 value="order_email"}-->
                                  <span class="red12"><!--{$arrErr[$key1]}--></span>
                                  <input type="text" name="<!--{$key1}-->" value="<!--{$arrForm[$key1].value|escape}-->" maxlength="<!--{$arrForm[$key1].length}-->" style="<!--{$arrErr[$key1]|sfGetErrorColor}-->" size="30" class="box30" />
                                </td>

修正データ

サンプル(tel@hogehoge.co.jp)のメールアドレスを任意ものへ変更してください。

                                <td bgcolor="#f2f1ec" width="110">メールアドレス</td>
                                <td bgcolor="#ffffff" width="248">
                                  <!--{assign var=key1 value="order_email"}-->
                                  <span class="red12"><!--{$arrErr[$key1]}--></span>
                                  <input type="text" name="<!--{$key1}-->" value="<!--{$arrForm[$key1].value|escape|default:"tel@hogehoge.co.jp"}-->" maxlength="<!--{$arrForm[$key1].length}-->" style="<!--{$arrErr[$key1]|sfGetErrorColor}-->" size="30" class="box30" />
                                </td>

完成イメージ

記事の評価

同じカテゴリーの記事

EC CUBE 新規受注入力画面での顧客検索条件に電話番号を追加する方法

変更するファイルは2つのみの簡単カスタマイズです。

手順は、電話番号の入力欄を作成し、検索条件を追加します。

変更するファイル

/data/Smarty/templates/default/admin/customer/search_customer.tpl

元データ

    <tr class="fs12n">
        <td bgcolor="#f0f0f0">法人名(フリガナ)</td>
        <td bgcolor="#ffffff">
            法人名<input type="text" name="search_kana01" value="<!--{$arrForm.search_kana01|escape}-->" size="15" class="box15" style="<!--{$arrErr.search_kana01|sfGetErrorColor}-->"/>
            (<input type="text" name="search_kana02" value="<!--{$arrForm.search_kana02|escape}-->" size="15" class="box15" style="<!--{$arrErr.search_kana02|sfGetErrorColor}-->"/>)
        </td>
    </tr>

※カスタマイズにより、カナの欄が法人名になっています。

修正データ

法人名(カスタマイズ前はカナ)の後ぐらいに、下記を挿入してください。

    <tr class="fs12n">
        <td bgcolor="#f0f0f0">法人名(フリガナ)</td>
        <td bgcolor="#ffffff">
            法人名<input type="text" name="search_kana01" value="<!--{$arrForm.search_kana01|escape}-->" size="15" class="box15" style="<!--{$arrErr.search_kana01|sfGetErrorColor}-->"/>
            (<input type="text" name="search_kana02" value="<!--{$arrForm.search_kana02|escape}-->" size="15" class="box15" style="<!--{$arrErr.search_kana02|sfGetErrorColor}-->"/>)
        </td>
    </tr>
    <tr class="fs12n">
        <td bgcolor="#f0f0f0">TEL</td>
        <td bgcolor="#ffffff">
            <!--{if $arrErr.search_tel}--><span class="red12"><!--{$arrErr.search_tel}--></span><!--{/if}-->
            <input type="text" name="search_tel" value="<!--{$arrForm.search_tel|escape}-->" size="40" class="box40" style="<!--{$arrErr.search_tel|sfGetErrorColor}-->"/>
        </td>
    </tr>
</table>

変更するファイル

/data/class/pages/admin/customer/LC_Page_Admin_Customer_SearchCustomer.php

元データ

                            case 'kana02':
                                    $where .= " AND kana02 ILIKE ? ";
                                    $sqlval[$key] = '%'.$val.'%';
                                break;
                            default :
                                break;
        $this->objFormParam->addParam("法人名(カタカナ)", 'search_kana02', STEXT_LEN, "CKV", array("NO_SPTAB", "SPTAB_CHECK" ,"MAX_LENGTH_CHECK", "KANA_CHECK"));

修正データ

kana02の後ろに追加します。

                            case 'kana02':
                                    $where .= " AND kana02 ILIKE ? ";
                                    $sqlval[$key] = '%'.$val.'%';
                                break;
                            case 'tel':
                                    if(DB_TYPE == "pgsql"){
                                    $where .= " AND (tel01 || tel02 || tel03) LIKE ?";
                                    }elseif(DB_TYPE == "mysql"){
                                    $where .= " AND concat(tel01,tel02,tel03) LIKE ?";
                                    }
                                    $nonmark_val = ereg_replace("[()-]+","",$val);
                                    $sqlval[] = "%$nonmark_val%";
                                break;
                            default :
                                break;

法人名(カスタマイズ前はカナ)の後ぐらいに、下記を挿入してください。

        $this->objFormParam->addParam("法人名(カタカナ)", 'search_kana02', STEXT_LEN, "CKV", array("NO_SPTAB", "SPTAB_CHECK" ,"MAX_LENGTH_CHECK", "KANA_CHECK"));
        $this->objFormParam->addParam("TEL", "search_tel", STEXT_LEN, "n", array("MAX_LENGTH_CHECK"));

完成イメージです。

参考サイト

EC CUBE 開発コミュニティサイト

記事の評価

同じカテゴリーの記事